お仕事の経験は大切です

女性でも男性でもお仕事には経験が必要です。
新卒であればもちろん経験がないので、経験よりやる気や職場環境に馴染めるかどうかで採用か不採用が決まってくるでしょう。
女性は結婚や出産を経験すると一度お仕事から離れてしまいます。その後にお仕事に復帰しようとすると実務経験があった方が有利となります。
職場復帰だけではなく、転職時はもっと経験を問われるでしょう。結婚して住む土地が変わって転職を考えている人もいるようです。そんな時も経験が無くては転職は厳しいものになってしまいます。
特に、最近の不景気は未経験の転職をより難しくしています。企業は中途採用者に教育をしている余裕がないので必然的に即戦力を求めようとします。即戦力かどうかの判断は経験の有無となってくるわけです。実務経験があると即戦力として認められます。それも1年や2年では経験とは認められません。最低3年の経験が必要なのです。第2新卒として転職活動をする場合を除いては一つのお仕事に3年以上の経験が必要となります。
看護師など例外的な職業もありますが、経験は大切となります。また、仕事も経験を積むことによって、どんどん責任のあるお仕事を任されるようになるでしょう。責任のあるお仕事を任せてもらえると、お仕事にやりがいが出てきます。未経験可の求人を見かけることがありますが、実際は可というだけで、経験者が応募してくると間違いなく経験者を採用します。未経験のお仕事を経験したいなら正社員登用ではなく、派遣もしくはアルバイトから経験すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です